小魚・ワカサギとチカちゃんはそっくり

温泉にて 食堂にて

11月30日(木)

姿がししゃも系の魚に

このワカサギがあります。

screenshot_12

これは伊達温泉の冬の一品料理、ワカサギの天ぷらのマリネ

程よい酸っぱさがいい。また食べたい!

このワカサギくん、

さすがにししゃもさんとは見分けはつきますが、

チカちゃんというそっくり魚がいますよね。

味もそっくりです。

でも、住むところが違うようです。

防波堤などでよくチカを釣っている人を見かけます。

凍った湖で穴を開けて釣れたりするのがワカサギ

screenshot_13

これは白老のポロト湖。

「1時間で100匹釣る人もいますよ」

と案内の人に言われたのに4匹しか釣れなかったことがあります。

釣りが好きな菊地社長の話によると、

ワカサギは鮭のように産卵のために上流を目指すそうで、

「網ですくって持ち上がらないほど採れる」

とのこと。びっくり!

行ってみたいっ。

(釣りの話はまた次回)

さて、チカとワカサギ、違いをまとめると、

チカは海育ちで20センチにも育つ。

ワカサギは淡水育ちで、川を登る。

で、言ってしまうと、天ぷらなどになってしまうと

姿も味も見分けはつきません。

というわけで、ま、どっちでもいいか!

♨︎

ほかほか伊達温泉、

皆様のお越しをお待ちしております♪

(伊達温泉ブログ部員M)


«